検査キット

あなたの血液は大丈夫?「ドロドロ」血液の正体

健康志向の皆様!健康に今日も力を入れていますか?
健康になりたい方は今日から始めても全然問題ありませんよ!日ごろの努力であなたの身体はどんどんと健康になっていきます!
今回は体の中を流れる血液についてご紹介していきたいと思います。
血液「サラサラ」「ドロドロ」についてのお話です!
健康を保っていく中で体内の状態を把握しておくことは重要です。自分の身体を流れる血液の状態では大きな病気に繋がってしまうケースもあるので是非ご覧ください。


血液の状態とは

人体の構造

最近テレビなどでも血液が「サラサラ」か「ドロドロ」かという話題は多く上がり言葉としてはよく聞くことがあるかと思います。しかし、実際にどのような状態が血液のサラサラ状態なのか、ドロドロ状態なのかという疑問が出てしまいますよね。
ドロドロと言われると脂っぽい感じがしてしまうと思いますが、実はそういったことではないのです。

ドロドロ血液

血液のドロドロ状態というのは血液中の成分である赤血球や白血球、血小板といったものが健康面に影響を受けて性質が変化してしまい血液が流れにくくなっている状態のことを言います。
この状態が長く続くというのは非常に危険なことであります。
私たちの身体の血液は体内を循環しています。この循環は身体の機能を正確に行っていくためにもとても重要であり、根本を言ってしまうと我々の命の源「心臓」を活動させておくためになくてはならないものなのです。
この循環が遅れたり、詰まったりすればそれだけで生命の危険にもなりかねないので血液はサラサラでいましょう! と言われているのです。

あなたの血液は大丈夫?

血液ドロドロになりやすい人の傾向をご紹介しておきますね。
1. 水分を普段からそんなに取らない
2. 喉が渇いたときに摂るのは水ではなくアルコールが多い
3. 魚料理よりも、肉料理を多くとってしまっている
4. 揚げ物料理が多くなっている
5. 特に嫌いなものは野菜である(好き嫌いが多い)
6. お菓子などの甘い食べ物を良く摂取する
7. 毎日お酒を飲んでしまっている
8. 日ごろの運動はほぼない
9. 生活をしていてストレスを感じていることが多い
10. 煙草をたくさん吸っている(1日10本以上)

血液がドロドロになってしまっている人に多い生活習慣が例で挙げている10項目になります。医療機関ではこの内3項目が当てはまってしまうと血液がドロドロになっているかもしれないと言われています。

現代人の生活習慣では何気なく行っていることが多いことではありますが、身体からすれば悲鳴を上げてしまうことばかりとなっています。

血液をサラサラにする方法

血液が知らないうちにドロドロになっていき、急に大きな病気になってしまったということにならないためにも日ごろから身体の事に気を使っておく必要はあります。
血液に関してはドロドロになってしまわないようにする方法がちゃんと存在しますので、ぜひ実行してみてください!

にがり水を飲むようにする

血液がドロドロになってしまう原因の一つに水分補給がしっかりとできていないことがあげられます。人間の身体は常に水分を体外に蒸発させているので、その分補給をしてあげる必要があるのです。
その時にオススメの水分補給飲料が「にがり水」です。にがりとは海水を煮詰めて塩分を取り除いた液体の事で主な成分としてマグネシウムが多く含有していて体内の不調改善や体調管理に役立つとされています。
◆飲み方:朝―昼、昼―夕、夕―就寝の3回に500mlずつにがり水を飲むようにしましょう。※一気に飲むのではなく、こまめに飲むのが重要!

食品で改善方法

血液をサラサラにするにはDHAやEPAという成分が効果的だと言われています。
これは「サバ」「さんま」といった魚に多く含まれる成分なので食卓で積極的に摂取するようにすれば血液はみるみるサラサラ状態になっていくことでしょう!

日常では手軽な食事や店屋物が多く存在していますが、それらの食品には多くの添加物が含まれているので体には悪影響を与えてしまします。
日ごろがら食べている食事にしっかりと気を使っていくことがあなたの身体を守っていくことに繋がりますので是非今日から食生活も考えてみるようにしてください!


こちらもどうぞ