風邪を引いた女性

冬の乾燥から体の健康を守る!風邪対策とは?

夏の暑さも過ぎ去りすっかり涼しくなってきました。今はまだ過ごし易く日中なら半袖でもちょうどよいくらいですが、これからの季節風邪には気を付けて下さい。

冬は空気が乾燥し、風邪のウィルスが蔓延しやすくなります。今から風邪に対する知識をつけ予防することで、健康を維持していきましょう。


そもそもなぜ乾燥するのか?

冬になると、北から流れてくる空気(シベリア気団)が山にあたって日本海側では雪や雨を降らせた後、水分を失った空気が太平洋側に流れ込むためとても乾燥していきます。

気温が低いことは飽和水蒸気量が低くなる原因にもなるので、湿度が下がります。さらに室内では暖房をつけるため、冬の乾燥した大気がより乾燥していきます。

冬の乾燥対策

横になる女性

人間にとって一番最適な湿度は40~60%の間といわれています。湿度が60%を超えるとウィルスの80%が死滅していきます。注意しなければいけないのが湿度を上げ過ぎてしまうと結露の原因となり、カビを繁殖させたり家が傷んでいきます。

そんな冬の乾燥対策ですが、一番手っ取り早いのは加湿器を設置することですが、加湿器に頼らず少しの工夫で乾燥対策ができます。

濡れたタオルを部屋に干しておくだけでも部屋の乾燥を防ぎ、湿度を上げてくれます。寝る前に干しておけば、起きた時にはタオルはしっかり乾いているとおもいます。いかに冬の空気が乾燥しているかがわかると思います。濡れたタオルの応用として、洗濯物を部屋干しする方法もあります。

他にもお風呂に入ったあとに、お風呂場のドアを開けっぱなしにしておいたり、濡れたマスクをした寝る方法もあります。

風邪を予防するには

定番だとは思いますが家に帰ってきたら手洗い・うがいをしましょう。手洗いは石鹸を使って手首まで入念に洗い、うがいはのどについた微生物が洗い流されるように最低でも30秒は行ってください。

睡眠をしっかりとり、睡眠不足にならないようにすることも免疫力の向上につながるので効果的です。ストレスを貯めないことも重要で、身体に無理な負担がかかると風邪をひく原因となります。

風邪に有効な食べ物

風邪をひいてしまったときは風邪に効果的な食べ物を摂取することで効率よく風邪を治しましょう。風邪をひいてしまって食欲がない時もあると思いますが、食べないことは風邪の治癒を遅らせることになります。また内臓の働きが弱っているので消化しにくいものを食べることは控えるようにして下さい。

今回は一人暮らしの人にも選びやすいように、コンビニに売っているもので風邪に効果的な食べ物を選んでみました。

消化によい雑炊・おかゆ

風邪をひいたときにはすぐにエネルギーに変えることができる炭水化物が必要です。しかし、上記しているように内臓の活動が低下しているため消化に良いものを選ばなければいけません。そんな時にコンビニで手に入る、レトルトの増水やおかゆは最適だといえます。

あったかいおでん…大根、卵、はんぺん

この時期になるとコンビニのレジの前におでんが並ぶようになります。今となってはコンビニのおでんは定番ですよね。おでんの具材に使われている大根、卵、はんぺんは身体をあたためるだけでなく、風邪にも有効です。

大根は肺の熱を取って咳や痰の解消になりますし、卵とはんぺんはタンパク質が豊富に含まれているので風邪に効果的です。この3つの食材を一緒に摂取することによって、風邪への抵抗力を高めてくれます。気を付けなければいけないのが、おでんの具材の中でも揚げ物は消化に時間がかかり、胃腸の負担になるので避けるようにしてください。

まずは風邪をひかないように部屋の乾燥対策や、うがい手洗いをしっかりと行い風邪を予防することが大切です。本格的な冬が訪れるまえに風邪対策を万全にしておきましょう!


こちらもどうぞ