座り込んで考える人

心の健康は身体の健康!うつ病について知ろう

現代社会では「うつ病」に悩む方が多くいます。それはこの現代が作り出してしまった闇と言ってもいいものです。このうつ病になれば心が弱り、身体活動も著しく落ち込み健康被害を引き起こすことになります。
心が正常な状態ではないということは身体の健康にとってとても危ないことです。
今回は心を蝕み苦しめる「うつ病」についてご紹介していきます。


うつ病とは

遠くを見つめる人の後ろ姿

うつ病の発症は男性より女性に多い傾向にあるようです。現代医学でははっきりとした発症原因を解明できていないですが、環境の変化や人間関係のストレス、日常生活のストレスが過度に受けると発症してしまう可能性が高まるようです。
現代の発症理由は多くの場合でストレスが大きく関係しているのではないかともいわれています。
近年の不況により、社会における仕事は以前に比べてとても大変なものへと変化しました。
その変化に伴って一人一人が背負う仕事量に精神がついてこられないで心を病んでしまうのです。しかも日本はうつ病に対する社会的保護も整っていないので更に状況が悪化の一途をたどっているという状態です。

どんな人に発症しやすい?

うつ病に関しては性格的な部分で発症しやすい傾向がわかってきています。
・真面目で几帳面そして責任感が強い(仕事に熱心)
このような性格を持っている人はちょっとしたきっかけでうつ病を発症してしますかもしれません。

うつ病による健康被害

うつ病が引き起こしてします健康被害についてもご説明しておきます。
① 気分の浮き沈みが激しくなる
② 物事への興味。喜びを感じれなくなる
③ 食欲がなくなる・食欲が増える・体重の著しい増減
④ 睡眠障害の発生
⑤ 身体の動きが普段より遅くなる、口数の減少
⑥ 集中力の低下
⑦ 身体の疲れ、だるさ
⑧ 自殺への意識
大きくこのような被害が出てきます。
健康な状態が大きく阻害されるのは目に見える内容ですよね。
うつ病を発症すると最終的に生きること自体が辛くなるという悲惨なものです。
ハッキリとした原因はわかっていないうつ病で、誰もがなってしまう可能性があります。

うつ病の対処法

うつ病の対処方法についてご覧ください。
① ストレスを溜めないように気を付ける
ストレスフリーが作り出せないのが今の現代なので、それに対処できる解消法などを持っておきましょう。
② 仕事のストレスを軽減しよう
生活の中で起きるストレスと仕事のストレスを比べると多くの方は仕事がストレスとなります。このストレスをできるだけ減らせるように心がけましょう。
職場があっていないようなら早めの転職などで自分を守るように動いてくださいね。
③ 専門家に相談(心療内科など)
身体は元気なのに心がというときには専門家に相談しましょう。
心の問題は自分で解決できるほど易しい問題ではないです。軽度の物なら改善ができるかもしれませんが、その対応で悪化してしまう可能性もあります。
専門家に相談して動いていきましょう。
④ うつ病に効果がある?
うつ病は精神面も問題になってしまいますが、食事で栄養でうつ病に効くかもしれない成分が見つかっています。
・ビタミン類
・葉酸
・マグネシウム
これらの栄養素はうつ病改善に効果があると期待されています。バランスよく摂取していきましょう。

多くのストレスがあふれる現代社会、あなたの心は身体を作り出す大切な部分です。そして周りにはあなたの心は見ることができません。
心が疲れしんどい時には声を上げましょう!
周りに助けを、知り合いに助けを、家族に助けを・・・・・・「助けて」の言葉で周りはあなたが何かを悩み辛いのだをわかってくれます。
多くの病気はなるのは一瞬でも治すのは時間がかかります。心も治りますが、その傷を埋めるのは時間がかかります。
なってしまわない日ごろの自分に合った生活を送っていきましょう。


こちらもどうぞ