スプーンで砂糖を掬い上げる画像

砂糖を控えて健康を手に入れよう!

皆さんは一日に自分がどれだけの「砂糖」を摂取しているかご存知でしょうか?
私たちの日常の食生活には砂糖が入っている割合が多いです。これまでの研究で砂糖は過剰に摂取してしまうと身体にいろいろな異常を引き起こすことがわかっています。
身体に異常が起こってしまってからでは意味がありませんよね。今から砂糖の持つ怖い部分を知ってできるだけ食生活で砂糖を抜くようにしていきましょう。
そうすれば健康な身体と美容の効果を手に入れることができます。
今回は皆さんにわかりやすいように「砂糖」についてお話していきます。


白砂糖の恐怖

砂糖を調べている画像

日本でよく見かける砂糖で“白砂糖”があります。一般的なお砂糖でどのご家庭にも常備されているのではないでしょうか?この白砂糖が実は恐ろしい魔の物質と言われているのです。研究者が白砂糖について語ると、「国から白砂糖が亡くなれば病気で苦しむ人が半分以上いなくなる」と言います。
日常的に食品に砂糖を使っていますが、これだけの毒性があるものなのです。
では砂糖の毒性とはどういったものなのでしょうか?

砂糖の身体的影響

① 頭痛が起こりやすくなる
② 鼻炎になりやすい
③ 疲れやすくなる
④ 近視になりやすい
⑤ 便秘になりやすい
⑥ 髪の毛が細くなる
⑦ 骨がもろくなる
⑧ 太ってします(肥満)
などの影響が身体に出やすくなります。白砂糖の摂り過ぎは骨や歯に蓄えているカルシウムを奪ってしまうのです。そうすることで様々な悪影響が起こってしまうと考えられています。糖質の入ったものを摂りすぎて虫歯になってしまうのもこのカルシウムを奪う効果が関係をしています。
また体内に蓄えられているカルシウムには胃がんや大腸がんといった大病を抑える効果を持っている成分です。体内からカルシウムが奪われてしまうと、年齢を重ねるたびに病気が進行してしまう可能性が高くなります。
もちろん、甘いものなので脂肪がつき肥満体系にもなります。後々ダイエットと言って苦しむことに繋がります。

砂糖の中毒性

砂糖には私たちをひきつける魅力があります。一度摂取すればまた食べたいと思ってします「中毒」的な魅力を秘めたものなのです。
この中毒性があることでなかなか日常生活から切り離すことができなくなってしまっているのが私たちの住む現実です。

砂糖は身体的にも精神的にも影響がある

砂糖の摂り過ぎは身体に害を与えてしまいます。それ以上に精神的な面でも蝕んでいくことがわかってきました。
砂糖の中毒性とその影響によって「合法的な覚醒剤」とも呼ばれています。

幼い子に砂糖を与える

砂糖は子共に影響を与えます。
身体が未成熟な子供にとって砂糖は危険なものです。白砂糖を食べるようになるとその時から体内のカルシウムが奪われるようになります。
中毒性もあるので、その後も糖質のあるものを摂取するようになってしまします。
そうなれば虫歯にもなります。また骨が弱くなり骨折も起きやすくなるといいます。
怖い部分が、砂糖を摂取してしまうと感情のコントロールが阻害されるようになるという点です。まさに覚せい剤の様ですね。
イライラすればすぐに怒り、耐えることが難しくなる傾向にあると言われています。
合法的な覚醒剤・・・・・・こんな効果が砂糖にあることを知っていましたか?
日常生活ですべてを無くすことはできないでしょうが、多く摂りすぎないように気を付けることは可能かと思います。
今からでも少しずつ減らしていくことをオススメします。

現代社会の悩み

砂糖は日常にありふれています。それだからこそ絶縁が難しいもの。ですがこの砂糖が原因で現代に増えているうつ病や自律神経を正常に戻せるかもしれないのです。
私たちの感情にも影響して精神のバランスを不安定にさせる物質として「砂糖」を認識しましょう。

最近イライラしていませんか?食欲はちゃんとありますか?身体がだるくありませんか?
このような日常生活で感じる問題はもしかしたら今あなたがとっている砂糖が引き起こしているかもしれませんよ。
自分で自分をコントロールできるようになり。健康を手に入れましょう。


こちらもどうぞ