スマホを触る女性

スマホ首に注意!? 近年急増中のその症状について

みなさんは、最近ひどい肩こりや頭痛に悩まされていませんか? 中には、しょっちゅう肩が凝って困っているなんて人もいるかもしれませんね。もしかしたら、その肩こりや痛みは、スマホ首が原因かもしれませんよ。今回は、そのスマホ首についてお話していきたいと思います。


スマホ首ってなに?

人間の体というのは、非常にデリケートなつくりになっています。ちょっと誤った姿勢を続けているだけで、肩が凝ったり頭が痛くなったり、人によっては吐き気まで催すこともあります。実は最近、肩こりや頭痛の原因として、『スマホ首』というものが挙げられることが増えてきました。

スマホ首というのは、そのままの意味にはなってしまうのですが、スマートフォンを使用している際の首の形のことを指します。もう少し具体的に説明すると、頭を下に傾け、首を屈曲させている状態のことになります。

このスマホ首を長時間、繰り返し行なっていると、最初に言ったような肩こりや頭痛を引き起こしてしまうことがあるのです。では、なぜこのような症状を引き起こしてしまうのでしょうか?

反復性ストレス障害

反復性ストレス障害というものがあります。これは、同じ動作を繰り返し行うことで引き起こされる障害のことを言います。つまりスマホを触っている時の姿勢は、ずっと頭を前かがみにした姿勢になっていて、その姿勢が日常の中で何度も繰り返し行われるために引き起こされるのです。

本来の正しい姿勢というのは、耳のちょうど下の部分に肩がくるはずですが、スマホ首は違います。正常ではない不自然な姿勢を続けると、首には負担がかかってしまうのです。その結果、肩こりや頭痛などさまざまな症状が現れます。

似た問題にストレートネックがある

スマホ首とよく混同されるのが、ストレートネックというものです。ストレートネックとは、本来、湾曲であるはずの首がまっすぐになっている状態のことを指します。スマホが原因になっている場合もありますが、それは一概には言えません。

スマホ首は、あくまでスマホを触っている時の首の形を言います。スマホを触っていても、首がまっすぐでなければストレートネックにはならないということです。当然ストレートネックではないスマホ首というのも存在します。

スマホ首の症状について

スマホ首と言ってもさまざまな症状が存在します。スマホを見下ろす姿勢というのは、前述したように首に大きな負担をかけます。そして、頚椎や神経、椎間板といった部分を圧迫するようになります。その結果、首や肩に痛みなどの症状が現れます。

首は前に出て、背中はお尻よりも後ろに下がります。すると巻き肩や猫背になる場合もあります。巻き肩や猫背は、胸や胃を圧迫してしまいます。すると首や肩以外の部分にも、何らかの症状が現れるようになります。

例えば、肩こりや首の痛み、慢性頭痛から始まり、この他にも椎間板症や頚椎症、手のしびれなども引き起こします。さらには、めまい、吐き気、自律神経失調症、これだけに留まらず、うつ、脱力感、冷え性、疲労感、胸焼け、逆流性食道炎など、幅広い体の部分にまで、症状が引き起こされてしまうのです。

角度によって首の負担が変わる

スマホ首は、頭を傾ける角度によって負担が変わってきます。頭が垂直になっている段階でも、首には4~5kgの負荷がかかっていると言われています。これが15度になると12kg、30度で18kg、45度で22kg、60度で27kgになります。何気なく頭を傾けているだけで、実はこんなにも首には負担がかかっていたのです。

改善方法としては、当然スマホを触る時の姿勢を意識することです。目線が下に向かないように気を付けましょう。スマホを目線より下に持ってしまうとどうしても、頭も下を向いてしまいます。ですから、スマホを持つ時は、できるだけ垂直に近い角度で持ち、前を向いた時の目線の前に来るようにしましょう。

またこの姿勢を維持していれば大丈夫ということではなく、長時間使用は禁物です。できれば、15分以上連続して触ることは避けたほうが良いでしょう。


こちらもどうぞ