手のひらに落ちる流れる水

「水」を飲むことで手に入る健康法

皆さんに質問です!
今日あなたは一体どれだけの“水”を飲みましたか?

わたしたちは水分なら一日にいろいろな場面で摂取していると思います。しかし、その飲む液体を“水”と指定すると一日の中でなかなか摂ることができていなかったりします。

現代では“水”を飲む習慣を持っている人もそこまでいないと思うので、飲まない方が普通と呼ぶべきかとも思ったりします。
しかし、今回記事のタイトルにも書きましたが、“水”に着目すると健康的な効果が手に入るということがわかりました!
日常で求められにくい“水”に注目してご紹介していきたいと思います。


≪水≫が与える健康効果

光が当たっているオシャレなグラス

水を飲むことが健康に良いということをどこかでは聞いたことがありませんか?
これは昔からよく言われてきている言葉です。
どれくらい昔かはわかりませんが、現代に様々な飲み物が広まったころから言われ始めたのではないでしょうか?
日常に広がる飲み物には多くの添加物や着色料が含まれているのは成分表示からも見て取れるので“水”が一番ということになったのでしょう。
一理あります。
しかしこの理由以外にも“水”にはすごい効果がたくさんあるのでしっかりとご紹介していきますね。

カロリー摂取の抑止

水には飲むことによって食欲を抑える効果があるとされています。食事の前に“水”を飲むことで多くのカロリーを摂取することがなくなるのです。
女性で美容に力を入れていてダイエットもと思っている方は今日から食卓には“水”を用意するようにしましょう。
飲む目安は食前にコップ2杯ほどが良いかと思います。
あまり大量に水を飲み過ぎても良くはないので匙加減は重要です。

体がヘロヘロになってしまうのを防ぐ

身体が疲れを感じてしまう原因の一つに体内の水分量が関係しています。人間の体は体重の1~2パーセントの水分がなくなった軽い脱水状態でも体力の低下を示し、「疲れた」というサインを送ってしまします。
喉が渇いたという情報を体が発信する前にはすでに体内の水分は不足している状態にあるのです。乾いた状態を続けると筋力の低下、めまいなどが起こり重度の脱水症状になってしますので水分補給が必要です。
“水”を飲む必要性は、体内の消化器官が食べ物を消化するときに求めている成分として“水”であることと、水は胃酸の調節に適しているということがあげられます。
脱水症状の回避には水分を摂ることですが、水を摂取することで体内消化器官を助けることになるのでオススメしています。
※消化器官の助けをしてあげることで糖尿病、高血圧、高脂血症、胃潰瘍といった病気を防ぐことにもつながります。

肌を綺麗にする

体内の水分量は脱水症状の回避だけではなく「美」にも大きく関係しています。
体内の水分量が適切な量で保たれているとお肌はとても美しい状態を保ってくれます。しかし、生活している中で自然にお肌は水分を外へと蒸発させているので補給してあげる必要性があります。
このときにアルコールやカフェインといった成分の入った飲み物を摂取すると逆に体内の水分を乾かし脱水状態を引き起こしてしまうので水分補給に一番適しているのは“水”ということになるのです。

日常で水分を摂取するなら“水”

どんなの飲み物にも“水”は入っていますが、“水”そのものを飲んでください!
ここで説明してきたものに関しては水に何も混じっていない状態ということで話しています。

様々飲み物が簡単に購入できる現代ですが、飲み物の選択時にご紹介してきた効果が手に入る “水”という選択肢を頭に思い浮かべてみるのも良いのではないでしょうか?


こちらもどうぞ